FC2ブログ

札幌すすきの・札幌成吉思汗 しろくま 札幌本店 マトンの概念を変えた北海道白糠町産生マトン

イメージ 1

北海道と言ったらジンギスカン。

さて、事務所を出、この日はひとりで夕飯を。
ま、夕飯って言ってもほんとにご飯食べるってわけじゃなくて、当然呑み。
札幌で呑みと言えば、

イメージ 15

だよねーw

とは言っても札幌も土地勘がないので事前にこっちの社員に聞き取り調査。
その結果、

イメージ 2

イメージ 3

成吉思汗しろくま札幌本店。
札幌本店ってあるから他にどこにあるのか、この記事書く時に調べてみたらあとは赤坂と新橋だって。つまり東京ねw

店内は、こっちと向こうに部屋が別れ、それを突き通す形で馬蹄形のカウンターが。カウンターのみの店内。つまり向かい合って焼くんじゃなくて隣り合うスタイル。

イメージ 4

烏龍ハイ。

生まれて初めてのジンギスカンどうしたものかと逡巡してると、おねえさんが脂を廻し、玉ねぎや葱を焼き始める。野菜はデフォで付いてるんだ。

イメージ 6

頃合いを見て、おにいさんが1枚のせながら焼きすぎないようにと。

イメージ 5

アイスランド産生ラム、1人前1140円。1枚は既に鉄板の上w

最初お勧めを聞いたところ北海道産の生マトンと。ただ、マトンって得意じゃないんでアイスランド産生ラムを。生のマトンってのも気になったけど、マトンって匂いがね。


イメージ 7

イメージ 8

モンゴル産の塩がおすすめとか。
お、あっさり。全くクセがないし、やわらかい。最近東京でも生ラム食べられるようになったけど

イメージ 9

イメージ 1

イメージ 10

こりゃお酒が進んじゃう。ホッピーがあったらもっといいんだけどw
あ、オレ、ひとり焼肉やってんのかw


いやあ、アイスランド産生ラム美味いな、と思いながら食べてると、右隣の男性陣が「この生マトン旨いなあ。」と、左に来たカップルも「お、白糠町産生マトンがある!じゃそれ」と。

え、そんなにアレなのかな。確かに隣で焼かれてもマトンのあの独特の匂いがしない。

イメージ 11

北海道白糠町産生マトン、一人前2000円
頼んじゃったw

イメージ 12

ダメだ

旨すぎる...

一体今まで食べたマトンはなんだったんだ。てか、生ラムも含めて今まで食べた羊肉ってなんだったんだ!???全く別物。さっきのアイスランド産生ラムなんて味じゃないぐらい、味も濃くて臭みがない、塩で食べれるし。生ラムなんか子ども、子ども。実際子どもなんだけどw

イメージ 13

赤ワインに。
北海道白糠町産生マトン、チルドで牧場から直送され、国内消費量としてはたった0.4%しかない貴重な肉だとか。

いやあ、食べてよかった。いや、知らなきゃ良かったw

イメージ 14

札幌成吉思汗 しろくま 札幌本店
北海道札幌市中央区南6条西3丁目ジョイフル札幌1F
011-552-4690
18:00-翌1:00(木金土-1:30)
日祝休
http://www.nisso.gr.jp/shirokuma/

今朝の体重64.3キロ、体脂肪率21.9%。小池百合子はいつ得意の「投げ出し」するかなw
関連記事

スポンサード リンク

コメント

非公開コメント

metabolisan

Yahooブログから引っ越してきました。浅草を中心に下町エリアに出没中。呑むことと食べることを愛し、日々彷徨ってます。

当たり前だけど、記事は読み物として脚色してますので真に受けないでね(笑)

★更新情報はこちらをフォロー★

 

スポンサード リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

最近の記事+コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
25位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ