FC2ブログ

73杯目 銀座・どさん子 銀座0号店 期間限定の一風堂とのコラボ店

イメージ 1

札幌らーめんどさん子って言うと今みたいならーめんブームの初期も初期も初期、らーめんと言えば醤油スープが当たり前だった頃、札幌味噌ラーメンなるものを全国に広めた一大チェーン。

子供の頃、
イメージ 17

雪が降る冬の新潟、父親が運転する中古のスバル360の小さな窓から国道沿いに見える「どさん子」の赤い看板が無性に美味しそうに見えたのをいまでも覚えてます。あの頃、我が家でラーメンって言うとちょっとした華やかな外食。いまじゃ1年で100杯近く食べてますが(^^;

そんなどさん子も経営母体が有価証券報告書の虚偽記載や上場廃止など紆余曲折を経て今は会社分割で設立した新会社で建て直しをはかっているとのこと。今回の一風堂とのコラボもその一環だそーです。
イメージ 2

イメージ 3

味噌は赤練と白練の2種類。あとは醤油と塩バター。

食券をわたしてカウンターに。
イメージ 4

きれいな店舗ですな。昔のどさん子のイメージは全く無し。これなら若い人も入ってくるかも。実際、この日も女性のひとり客が何人かいましたし。

ラーメンを待つ間、カウンター前にある
イメージ 5

POPなんかを見てると、

お、なになに
イメージ 6

こってりなんかあるじゃん!
早速、イケメン店員さんに「こってりにして」と。イケメン店員さん、にっこりしてくれました(笑)

で、
来たのが

赤練チャーシュートッピングこってり

イメージ 7

赤練の味噌らーめんが780円、チャーシュートッピングは4枚で200円。千円札で20円お釣りがきます。

ちょいと斜め
イメージ 8

から、

て、
イメージ 9

いき過ぎましたが(笑)

アラフィフおっさんのひとり芝居はさておき、肝心のスープは、
イメージ 10

仄かに山椒の香りが。スープの上にかかっているミンチが山椒で風味付けされているみたい。こってりと濃厚でコクが深く、「ガツンと記憶に残る男性的な味噌ラーメン」がコンセプトだそーだ。みじん切りの玉ねぎのしゃくっとした食感もいい。うん、この味噌の感じ、実家の味噌汁と同じだ。

そー言えば味噌ラーメンって客が味噌汁の中に麺を入れてくれって言われたのをヒントに出来たと言われることがありますが、どーやら事実は違うみたい。はい、こちら → http://www.ajino-sanpei.com/04_01.html

こってりでお願いしてるので、
イメージ 11

味噌スープの上には背脂が溶けた透明な膜が。

チャーシューは、
イメージ 12

脂抜けがよく、濃厚こってり味噌にぴったり。スープに脂が入っている分、ちゃーしゅーは脂が少ない方がしつこくならないしね。

イメージ 13

極太ちぢれ麺。
復活をかけるどさん子の新しいらーめん、個人的には懐かしさもあり美味しくいただけたのでした。

こちら、
イメージ 15

期間限定の実験店。
でも、八重洲にこのブランドのどさん子ラーメン店がオープンするなど、また昔のように日本全国で復活したこの味を楽しめるようになるかもしれませんね。

イメージ 14

イメージ 16

どさん子 銀座0号店
東京都中央区銀座3-8-4
03-5159-5090
11:00-23:00
元旦休
※営業は2015年5月まで
http://www.dskgroup.co.jp/

今朝の体重64.7キロ、体脂肪率22.6%。今日から公式戦含み3連戦(^^;
関連記事

スポンサード リンク

コメント

非公開コメント

metabolisan

Yahooブログから引っ越してきました。浅草を中心に下町エリアに出没中。呑むことと食べることを愛し、日々彷徨ってます。

当たり前だけど、記事は読み物として脚色してますので真に受けないでね(笑)

★更新情報はこちらをフォロー★

 

スポンサード リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

最近の記事+コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
25位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ